高レベルのクライアント

Cassandraアプリケーションを開発する場合は、直接Thrift APIを直接使用するより、ここにあげているクライアントインターフェースを使用することを強くお勧めします。(Thrift APIは主にクライアント開発者が利用することを想定しています。)以下にあげているのはCassandra 0.7対応クライアントです。

あなたの環境で使用可能な高レベルクライアントがここに存在しない場合はolder clientに記載されているクライアントをバージョンアップすれば使えるかもしれません。それでもうまくいかない場合は、生のThrift APIを使用する必要があるでしょう。

古いクライアント

Cassandra 0.6*を使用する場合はClientOptions06を参照して下さい。

Thrift

ThriftはCassandraのドライバーレベルインターフェースです。CassandraのクライアントはThrift APIの上に構築されています。あなたは任意の言語上で生のThrift APIを使用することができますが、あまり一般的ではありません。ThiftExamplesにいくるかのサンプルが示されています。

内部API

JVMベースのクライアントではStorageProxy APIを使用できます。しかし本当にその必要性を理解しているのでなければおそらく上に挙げた高レベルクライアントを使か、それがうまくいかないのならThrift APIを使うべきでしょう。StorageProxy APIはCassandraシステム内部で使用することを想定しており、また極めて特化したユースケースを前提にしています。(StorageProxy APIを使用するもっとも一般的な理由は、BinaryMemtableを一括ロードするインターフェースを使用したいケースです。)

Hadoop

CassandraでHadoopのmap/reduce処理を実行する方法はHadoopSupportで説明されています。

stats

ClientOptions_JP (last edited 2013-11-13 19:59:34 by GehrigKunz)