Cassandraの起動はbin/cassandraのシェルスクリプトが行います。bin/cassandraで使用する設定値は、デフォルトでは別のシェルスクリプトbin/cassandra.in.shが行います。

CASSANDRA_INCLUDE環境変数を使用して、設定を読み込むスクリプトを指定できます。例えば、

$ cp bin/cassandra.in.sh /tmp/new.in.sh
$ vi /tmp/new.in.sh
$ CASSANDRA_INCLUDE=/tmp/new.in.sh bin/cassandra

bin/cassandra.in.shには、最大ヒープサイズ(-Xmx)は1GBなど、デフォルト値がいろいろと設定されています。最大ヒープサイズは環境にあわせてカスタマイズすべき項目でしょう。CassandraのJmxInterfaceにアクセスするポート番号もcom.sun.management.jmxremote.portで設定されていて、デフォルトで8080となっています。

さらに、スクリプトはいくつかのコマンドライン引数をとります。-hオプションをつけて起動すると簡単なサマリが確認できます。

$ bin/cassandra -h
Usage: bin/cassandra [-f] [-h] [-p pidfile]
$

-fはCassandraがデーモン化するのを防ぎ、フォアグラウンドで起動するよう強制します。-p <pidfile>はプロセスIDを記述するファイルを指定します(kill $(cat pidfile)としてシャットダウンできるので便利です)。

メモ: Debianパッケージはinitスクリプトとjsvcを使用してCassandraの起動と停止を制御します。起動オプションは/etc/default/cassandra(/usr/share/cassandra/cassandra.in.shではありません)に設定します。

Operations_JPも参照してください。

stats

RunningCassandra_JP (last edited 2013-11-15 00:42:12 by GehrigKunz)