Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2005-04-05 09:45:34
Size: 1463
Comment: Axis Wiki in Japanese
Revision 2 as of 2009-09-20 22:47:47
Size: 1465
Editor: localhost
Comment: converted to 1.6 markup
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 5: Line 5:
AXIS はクライアント側でハンドラの使用をサポートしていて、[http://ws.apache.org/ws-fx/ WS-FX] プロジェクトの多くはこの特徴を利用して実装されています。クライアントの設定情報は client-config.wsdd に含まれています。 AXIS はクライアント側でハンドラの使用をサポートしていて、[[http://ws.apache.org/ws-fx/|WS-FX]] プロジェクトの多くはこの特徴を利用して実装されています。クライアントの設定情報は client-config.wsdd に含まれています。

質問: AXIS に client-config.wsdd を見つけさせるにはどうすればいいのですか?

AXIS はクライアント側でハンドラの使用をサポートしていて、WS-FX プロジェクトの多くはこの特徴を利用して実装されています。クライアントの設定情報は client-config.wsdd に含まれています。

デフォルトでは、AXIS のクライアントコードは2箇所でこのファイルを探します。

1) まずは、AXISが起動しているプロセスの作業ディレクトリを確認します。もしそこで client-config.wsdd が見つかればそれを使用します。

2) もし client-config.wsdd が見つからなければorg/apache/axis/clientパッケージの中のクラスパスを確認します。

(もし設定ファイルを別々の場所に置きたいのであれば) client-config.wsdd ファイルの場所を明示的に指定することも可能です。これを行うには、コマンドラインを使用して以下のようにシステムプロパティを設定する必要があります。

java -Daxis.ClientConfigFile=/location/of/client-config.wsdd ...

これは Antで、<java> にネストされた <systemproperty> 要素を使用して行うこともできます。

<sysproperty key="axis.ClientConfigFile" value="/location/of/client-config.wsdd">

ja/axis/AxisClientWSDD (last edited 2009-09-20 22:47:47 by localhost)