Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2005-04-05 09:41:21
Size: 2762
Comment: Axis Wiki in Japanese
Revision 2 as of 2009-09-20 22:48:15
Size: 2772
Editor: localhost
Comment: converted to 1.6 markup
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 15: Line 15:
2つめの方法は、{{{Java 1.4.x}}}での話ですが、[http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/api/java/net/Authenticator.html Authenticator] を設定する方法です。 2つめの方法は、{{{Java 1.4.x}}}での話ですが、[[http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/api/java/net/Authenticator.html|Authenticator]] を設定する方法です。
Line 31: Line 31:
{{{Windows}}}の{{{Java 1.4.2}}}では、{{{Sun}}}は{{{NTLM}}}認証のサポートを追加したようです。詳細は [http://java.sun.com/j2se/1.4.2/changes.html#networking Enhancements and Changes in Java 2 SE Version 1.4.2 (Java 2 SE バージョン 1.4.2 における機能強化と変更)] をご覧下さい。 {{{Windows}}}の{{{Java 1.4.2}}}では、{{{Sun}}}は{{{NTLM}}}認証のサポートを追加したようです。詳細は [[http://java.sun.com/j2se/1.4.2/changes.html#networking|Enhancements and Changes in Java 2 SE Version 1.4.2 (Java 2 SE バージョン 1.4.2 における機能強化と変更)]] をご覧下さい。
Line 35: Line 35:
Microsoft Proxy Server に関する問題の詳細はこちらをご覧下さい。[http://www.vamphq.com/jwsfaq.html#msproxy Unofficial Java Web Start/JNLP FAQ (アンオフィシャルな Java Web Start/JNLP FAQ)] Microsoft Proxy Server に関する問題の詳細はこちらをご覧下さい。[[http://www.vamphq.com/jwsfaq.html#msproxy|Unofficial Java Web Start/JNLP FAQ (アンオフィシャルな Java Web Start/JNLP FAQ)]]
Line 37: Line 37:
NTLM の技術的な議論についてはこちらをご覧下さい。[http://davenport.sourceforge.net/ntlm.html The NTLM Authentication Protocol (NTLM 認証プロトコル)]。 NTLM の技術的な議論についてはこちらをご覧下さい。[[http://davenport.sourceforge.net/ntlm.html|The NTLM Authentication Protocol (NTLM 認証プロトコル)]]
Line 39: Line 39:
現在のところ、NTLM サポートに関しては [http://jakarta.apache.org/commons/httpclient/ Jakarta Commons HttpClient] を使用することをお勧めします。 現在のところ、NTLM サポートに関しては [[http://jakarta.apache.org/commons/httpclient/|Jakarta Commons HttpClient]] を使用することをお勧めします。

質問: プロキシはどのようにして設定するのですか?

回答: プロキシの設定にはいくつかの方法があります。

最初の方法は、プロキシ情報を指定するシステムプロパティを設定する方法です。

これを行うには、Java を起動する際に以下のオプションをコマンドラインに追加します。

-Dhttp.proxyHost=proxy.mycompany.com -Dhttp.proxyPort=80 -Dhttp.proxyUser=myusername -Dhttp.proxyPassword=mypassword

2つめの方法は、Java 1.4.xでの話ですが、Authenticator を設定する方法です。

以下のようにしてコードレベルでシステムプロパティを設定することもできます。

System.setProperty("http.proxyHost","192.168.100.14");

System.setProperty("http.proxyPort","4480");

この方法は、proxy plus 等のようなプロキシアプリケーションを使用する人のためのものです。

質問: プロキシサポートに関して警告や経験則などはありますか?

回答: Java の現在のリリースは、基本認証を使用するプロキシサーバしかサポートしていません。nutshell ではユーザ名とパスワードが base64 でエンコードされて、http リクエストのヘッダに追加されます。詳細は [http://www.kbcafe.com/articles/HowTo.Base64.pdf How to Base-64 (Base-64 の仕方)] をご覧下さい。

WindowsJava 1.4.2では、SunNTLM認証のサポートを追加したようです。詳細は Enhancements and Changes in Java 2 SE Version 1.4.2 (Java 2 SE バージョン 1.4.2 における機能強化と変更) をご覧下さい。

NTLM 認証は一般的に Microsoft Proxy Server で使用されます。サードパーティ製ソフトウェアを使用せずに、Java の以前のリリースのもとで直接 NTLM 認証を使用するのは不可能です。(無駄な時間を過ごさないで下さい)。

Microsoft Proxy Server に関する問題の詳細はこちらをご覧下さい。Unofficial Java Web Start/JNLP FAQ (アンオフィシャルな Java Web Start/JNLP FAQ)

NTLM の技術的な議論についてはこちらをご覧下さい。The NTLM Authentication Protocol (NTLM 認証プロトコル)

現在のところ、NTLM サポートに関しては Jakarta Commons HttpClient を使用することをお勧めします。

ja/axis/AxisProxy (last edited 2009-09-20 22:48:15 by localhost)