Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2005-04-01 06:53:40
Size: 1155
Comment: Axis Wiki in Japanese
Revision 2 as of 2009-09-20 22:48:15
Size: 1155
Editor: localhost
Comment: converted to 1.6 markup
No differences found!

質問: Axis はどのようにして私のバックエンドサービスオブジェクトを作成しますか? これをコントロールすることはできますか?

回答: Axis はサービスに対して "scope" パラメータをサポートします。このパラメータには、"request" (各リクエストごとにサービスに対して新しいオブジェクトを作成する。これがデフォルトです。)、"session" (各セッションごとに新しいオブジェクトを関連付ける)、"application" (全てのユーザはたった一つのオブジェクトを共有する)を設定することができます。詳細については Axis ユーザガイドの Scoped Services を参照してください。

注意: もしスコープに "session" あるいは "application" を設定すれば、制御の複数のスレッドがあなたのオブジェクトのメソッドに同時にアクセスする可能性があります。このような場合において、あなたのオブジェクトがスレッドセーフであることを保証するのはあなたの責任です。

ja/axis/AxisServiceObjects (last edited 2009-09-20 22:48:15 by localhost)