Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2005-04-05 09:43:22
Size: 897
Comment: Axis Wiki in Japanese
Revision 2 as of 2009-09-20 22:48:26
Size: 901
Editor: localhost
Comment: converted to 1.6 markup
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 5: Line 5:
回答: [http://ietf.org/rfc/rfc2616.txt HTTP 1.1 specification (HTTP 1.1 仕様)] では、HTTP 接続のオープンとクローズに関連するオーバヘッドを最小限にするために、{{{Keep-Alive}}}ヘッダについて言及しています。 回答: [[http://ietf.org/rfc/rfc2616.txt|HTTP 1.1 specification (HTTP 1.1 仕様)]] では、HTTP 接続のオープンとクローズに関連するオーバヘッドを最小限にするために、{{{Keep-Alive}}}ヘッダについて言及しています。
Line 9: Line 9:
{{{Keep-Alive}}}ヘッダを使用したい場合は、[http://jakarta.apache.org/commons/httpclient/ Jakarta Commons HttpClient package (Jakarta Commons HttpClient パッケージ)] と共に {{{org.apache.axis.transport.http.CommonsHTTPSender}}}クラスを使用すべきです。 {{{Keep-Alive}}}ヘッダを使用したい場合は、[[http://jakarta.apache.org/commons/httpclient/|Jakarta Commons HttpClient package (Jakarta Commons HttpClient パッケージ)]] と共に {{{org.apache.axis.transport.http.CommonsHTTPSender}}}クラスを使用すべきです。

質問: Axis はHTTP 1.1 Keep-Aliveヘッダをサポートしていますか?

回答: HTTP 1.1 specification (HTTP 1.1 仕様) では、HTTP 接続のオープンとクローズに関連するオーバヘッドを最小限にするために、Keep-Aliveヘッダについて言及しています。

実際のところKeep-Aliveは、会社の設定ではプロキシサーバがあるので特に価値があるわけではありません。

Keep-Aliveヘッダを使用したい場合は、Jakarta Commons HttpClient package (Jakarta Commons HttpClient パッケージ) と共に org.apache.axis.transport.http.CommonsHTTPSenderクラスを使用すべきです。

関連するトピック: http://nagoya.apache.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=16522

ja/axis/KeepAlive (last edited 2009-09-20 22:48:26 by localhost)