Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2005-03-31 06:53:08
Size: 13919
Comment: Axis Wiki in Japanese
Revision 2 as of 2009-09-20 22:48:14
Size: 14027
Editor: localhost
Comment: converted to 1.6 markup
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 5: Line 5:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Acknowledgement WS-Acknowledgement]: WS-Acknowledgement 送信者が、WS-Acknowledgement 受信者から WS-Acknowledgement リクエストメッセージを受け取ったという明示的な acknowledgement (承認) を要求することができるように、WS-Acknowledgement プロトコルは設計されています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Acknowledgement|WS-Acknowledgement]]: WS-Acknowledgement 送信者が、WS-Acknowledgement 受信者から WS-Acknowledgement リクエストメッセージを受け取ったという明示的な acknowledgement (承認) を要求することができるように、WS-Acknowledgement プロトコルは設計されています。
Line 7: Line 7:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-ActiveProfile WS-ActiveProfile]: WS-Federation 仕様は異なる信頼できる領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合のための統合モデルを定義します。この仕様は、SOAP アプリケーションのような活動的な要求側への連合モデルの適用方法を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-ActiveProfile|WS-ActiveProfile]]: WS-Federation 仕様は異なる信頼できる領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合のための統合モデルを定義します。この仕様は、SOAP アプリケーションのような活動的な要求側への連合モデルの適用方法を定義しています。
Line 9: Line 9:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Addressing WS-Addressing]: Webサービスやメッセージのアドレスを指定する、トランスポート中立な機構を提供します。具体的には、この仕様はWebサービスエンドポイントを識別するための、またメッセージのエンドポイント終端間を安全にするための XML 要素を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Addressing|WS-Addressing]]: Webサービスやメッセージのアドレスを指定する、トランスポート中立な機構を提供します。具体的には、この仕様はWebサービスエンドポイントを識別するための、またメッセージのエンドポイント終端間を安全にするための XML 要素を定義しています。
Line 11: Line 11:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Attachments WS-Attachments]: SOAP 添付の抽象モデルを定義していて、このモデルに基づいて、SOAP メッセージと0個以上の添付を DIME メッセージにカプセル化する機構を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Attachments|WS-Attachments]]: SOAP 添付の抽象モデルを定義していて、このモデルに基づいて、SOAP メッセージと0個以上の添付を DIME メッセージにカプセル化する機構を定義しています。
Line 13: Line 13:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Authorization WS-Authorization]: 権限付与データと権限付与ポリシーの扱い方を記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Authorization|WS-Authorization]]: 権限付与データと権限付与ポリシーの扱い方を記述しています。
Line 15: Line 15:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-AtomicTransaction WS-AtomicTransaction]: WS-Coordination 仕様で記述されている拡張可能な協調フレームワークと共に使用される、原子的なトランザクション協調型の定義を提供します。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-AtomicTransaction|WS-AtomicTransaction]]: WS-Coordination 仕様で記述されている拡張可能な協調フレームワークと共に使用される、原子的なトランザクション協調型の定義を提供します。
Line 17: Line 17:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-BusinessActivity WS-BusinessActivity]: 長期間の、保障に基づくトランザクションプロトコルを実装するために WS-Coordination モデルに差し込むプロトコルの特定の集合を定義します。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-BusinessActivity|WS-BusinessActivity]]: 長期間の、保障に基づくトランザクションプロトコルを実装するために WS-Coordination モデルに差し込むプロトコルの特定の集合を定義します。
Line 19: Line 19:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-CAF WS-CAF]: Composite Application Framework (複合アプリケーションフレームワーク) - 複数の、互換性のないトランザクションの処理モデルとアーキテクチャをまたがる、長期間のビジネスプロセスの標準協調のための、オープンで多層のフレームワークです。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-CAF|WS-CAF]]: Composite Application Framework (複合アプリケーションフレームワーク) - 複数の、互換性のないトランザクションの処理モデルとアーキテクチャをまたがる、長期間のビジネスプロセスの標準協調のための、オープンで多層のフレームワークです。
Line 21: Line 21:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Callback WS-Callback]: SOAP リクエストに対する非同期レスポンスの返信場所を動的に特定するために使用されます。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Callback|WS-Callback]]: SOAP リクエストに対する非同期レスポンスの返信場所を動的に特定するために使用されます。
Line 23: Line 23:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Coordination WS-Coordination]: 分散アプリケーションの振る舞いを協調させるプロトコルを提供する、拡張可能なフレームワークを記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Coordination|WS-Coordination]]: 分散アプリケーションの振る舞いを協調させるプロトコルを提供する、拡張可能なフレームワークを記述しています。
Line 25: Line 25:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Eventing WS-Eventing]: Webサービスがイベント通知型メッセージを申し込む、あるいは申し込みを受け付けることを可能にするプロトコルについて記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Eventing|WS-Eventing]]: Webサービスがイベント通知型メッセージを申し込む、あるいは申し込みを受け付けることを可能にするプロトコルについて記述しています。
Line 27: Line 27:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Events WS-Events]: プッシュモデルとプルモデルを使ったWebサービスイベントの広告、申し込み、生産、消費のための、XML 文法と処理ルールの集合を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Events|WS-Events]]: プッシュモデルとプルモデルを使ったWebサービスイベントの広告、申し込み、生産、消費のための、XML 文法と処理ルールの集合を定義しています。
Line 29: Line 29:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Federation WS-Federation]: 連合識別のためのサポートを含む、異種の連合環境の中での信頼関係の管理と仲介の仕方について記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Federation|WS-Federation]]: 連合識別のためのサポートを含む、異種の連合環境の中での信頼関係の管理と仲介の仕方について記述しています。
Line 31: Line 31:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Inspection WS-Inspection]: あるサイトに利用可能なサービスがあるかの検査を支援するための XML フォーマットです。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Inspection|WS-Inspection]]: あるサイトに利用可能なサービスがあるかの検査を支援するための XML フォーマットです。
Line 33: Line 33:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Manageability WS-Manageability]: 管理容易性のトピックとそれらを定義するために使われた側面によって、管理容易性モデルの一般的な概念を紹介しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Manageability|WS-Manageability]]: 管理容易性のトピックとそれらを定義するために使われた側面によって、管理容易性モデルの一般的な概念を紹介しています。
Line 35: Line 35:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-ActiveProfile WS-PassiveProfile] WS-Federation で定義されている、異なる信頼領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合機構が、Webブラウザのような受動的な要求側が本人証明サービスを提供するのに使うための利用方法について記述しています。このプロフィールにおける受動的な要求側は HTTP プロトコルに制限されています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-ActiveProfile|WS-PassiveProfile]] WS-Federation で定義されている、異なる信頼領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合機構が、Webブラウザのような受動的な要求側が本人証明サービスを提供するのに使うための利用方法について記述しています。このプロフィールにおける受動的な要求側は HTTP プロトコルに制限されています。
Line 37: Line 37:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-EndpointResolution WS-EndpointResolution]: 許可された候補の集合から、操作やメッセージのための特定のエンドポイントを選択する仕組みをサポートするWebサービス機構の集合です。これはとりわけサーバファームやモバイル環境で有用です。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-EndpointResolution|WS-EndpointResolution]]: 許可された候補の集合から、操作やメッセージのための特定のエンドポイントを選択する仕組みをサポートするWebサービス機構の集合です。これはとりわけサーバファームやモバイル環境で有用です。
Line 39: Line 39:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-MessageData WS-MessageData] メッセージメタデータの2つの特定の型、MessageId? と RefToMessageId? を導入します。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-MessageData|WS-MessageData]] メッセージメタデータの2つの特定の型、MessageId? と RefToMessageId? を導入します。
Line 41: Line 41:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-MetadataExchange WS-MetadataExchange] あるサービスがWebサービスインターフェースを通じて他のサービスにメタデータを提供することが可能になります。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-MetadataExchange|WS-MetadataExchange]] あるサービスがWebサービスインターフェースを通じて他のサービスにメタデータを提供することが可能になります。
Line 43: Line 43:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Policy WS-Policy]: 中継やエンドポイントに対するセキュリティ (と他のビジネス) ポリシーの能力と制約について記述しています (例: 必要とされるセキュリティトークン、サポートされている暗号アルゴリズム、プライバシールール)。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Policy|WS-Policy]]: 中継やエンドポイントに対するセキュリティ (と他のビジネス) ポリシーの能力と制約について記述しています (例: 必要とされるセキュリティトークン、サポートされている暗号アルゴリズム、プライバシールール)。
Line 45: Line 45:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-PolicyAssertions WS-PolicyAssertions]: Webサービスアプリケーションのいくつかの共通のニーズを知らせるための表明の初期集合を提供します。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-PolicyAssertions|WS-PolicyAssertions]]: Webサービスアプリケーションのいくつかの共通のニーズを知らせるための表明の初期集合を提供します。
Line 47: Line 47:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-PolicyAttachment WS-PolicyAttachment]: ポリシー表明を行うための抽象ポリシーモデルと XML ポリシー表現文法を定義しています。この仕様は、ポリシー表現と対象を結びつける汎用用途の機構を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-PolicyAttachment|WS-PolicyAttachment]]: ポリシー表明を行うための抽象ポリシーモデルと XML ポリシー表現文法を定義しています。この仕様は、ポリシー表現と対象を結びつける汎用用途の機構を定義しています。
Line 49: Line 49:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Provisioning WS-Provisioning]: 提供システムとの間の相互運用性を円滑にするため、またソフトウェアベンダが提供機関を一貫性のある方法で提供できるために必要な API とスキーマを記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Provisioning|WS-Provisioning]]: 提供システムとの間の相互運用性を円滑にするため、またソフトウェアベンダが提供機関を一貫性のある方法で提供できるために必要な API とスキーマを記述しています。
Line 51: Line 51:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Privacy WS-Privacy]: Webサービスと要求側が、プライバシー優先と組織的なプライバシー実践声明を言明する方法についてのモデルを記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Privacy|WS-Privacy]]: Webサービスと要求側が、プライバシー優先と組織的なプライバシー実践声明を言明する方法についてのモデルを記述しています。
Line 53: Line 53:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Referral WS-Referral]: SOAPルータのルーティングエントリーで挿入、削除、クエリーを出すための、SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Referral|WS-Referral]]: SOAPルータのルーティングエントリーで挿入、削除、クエリーを出すための、SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。
Line 55: Line 55:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Reliability WS-Reliability]: SOAP メッセージを、保証された受け渡し、重複無し、保証されたメッセージ順序で交換するための SOAP に基づいたプロトコルです。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Reliability|WS-Reliability]]: SOAP メッセージを、保証された受け渡し、重複無し、保証されたメッセージ順序で交換するための SOAP に基づいたプロトコルです。
Line 57: Line 57:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-ReliableMessaging WS-ReliableMessaging]: ソフトウェアコンポーネント、システム、ネットワークの欠陥がある分散アプリケーション間で、メッセージを確実に配信することが可能なプロトコルについて記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-ReliableMessaging|WS-ReliableMessaging]]: ソフトウェアコンポーネント、システム、ネットワークの欠陥がある分散アプリケーション間で、メッセージを確実に配信することが可能なプロトコルについて記述しています。
Line 59: Line 59:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Routing WS-Routing]: 初期送信者から (もしかしたら中継がをいくつか介すかもしれませんが) 最終受信者まで、一方向の SOAP メッセージを交換するための SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Routing|WS-Routing]]: 初期送信者から (もしかしたら中継がをいくつか介すかもしれませんが) 最終受信者まで、一方向の SOAP メッセージを交換するための SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。
Line 61: Line 61:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-SecureConversation WS-SecureConversation]: 関係者間のメッセージ交換 (セキュリティコンテキスト交換やセッション鍵の構築と導出を含む) での運用方法と認証方法について記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-SecureConversation|WS-SecureConversation]]: 関係者間のメッセージ交換 (セキュリティコンテキスト交換やセッション鍵の構築と導出を含む) での運用方法と認証方法について記述しています。
Line 63: Line 63:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Security WS-Security]: SOAP メッセージに署名と暗号ヘッダを添付する方法について記述しています。加えて、X.509 証明書とケルベロスチケットのようなバイナリセキュリティを含むセキュリティトークンをメッセージに添付する方法についても記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Security|WS-Security]]: SOAP メッセージに署名と暗号ヘッダを添付する方法について記述しています。加えて、X.509 証明書とケルベロスチケットのようなバイナリセキュリティを含むセキュリティトークンをメッセージに添付する方法についても記述しています。
Line 65: Line 65:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-SecurityPolicy WS-SecurityPolicy]: WS-Security に基づき、WS-Security 仕様で定義されている様々な特性に関連するポリシーの記述方法を定義しています。それゆえ WS-Security 仕様の付録としてみなされています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-SecurityPolicy|WS-SecurityPolicy]]: WS-Security に基づき、WS-Security 仕様で定義されている様々な特性に関連するポリシーの記述方法を定義しています。それゆえ WS-Security 仕様の付録としてみなされています。
Line 67: Line 67:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Transaction WS-Transaction]: トランザクションは何から構成されているか、無事完了したことを何が決定するのかを定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Transaction|WS-Transaction]]: トランザクションは何から構成されているか、無事完了したことを何が決定するのかを定義しています。
Line 69: Line 69:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-TransmissionControl WS-TransmissionControl]: サービスの入手不能、キューの負荷、その他の原因によるメッセージの喪失を防ぐことで信頼性を改善するため、サービス間のメッセージ交換を制御するための構成概念の集合です。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-TransmissionControl|WS-TransmissionControl]]: サービスの入手不能、キューの負荷、その他の原因によるメッセージの喪失を防ぐことで信頼性を改善するため、サービス間のメッセージ交換を制御するための構成概念の集合です。
Line 71: Line 71:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Trust WS-Trust]: Webサービスが安全に相互運用できるための信頼モデルのフレームワークを記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Trust|WS-Trust]]: Webサービスが安全に相互運用できるための信頼モデルのフレームワークを記述しています。
Line 73: Line 73:
 * [http://www.google.com/search?q=WSMF WSMF]: Web Services Management Framework (WSMF) はWebサービスを通じてWebサービス自身を含む計算リソースを運用するための論理アーキテクチャです。  * [[http://www.google.com/search?q=WSMF|WSMF]]: Web Services Management Framework (WSMF) はWebサービスを通じてWebサービス自身を含む計算リソースを運用するための論理アーキテクチャです。
Line 75: Line 75:
 * [http://www.google.com/search?q=WSDM WSDM]: この TC の目的は、WebサービスアーキテクチャとWebサービス技術を使った分散リソースの運用を含む、Webサービス運用を定義することです。この TC はWebサービスのモデルを、運用可能なリソースへと発展させます。  * [[http://www.google.com/search?q=WSDM|WSDM]]: この TC の目的は、WebサービスアーキテクチャとWebサービス技術を使った分散リソースの運用を含む、Webサービス運用を定義することです。この TC はWebサービスのモデルを、運用可能なリソースへと発展させます。
Line 77: Line 77:
 * [http://www.google.com/search?q=WSRF WSRF]: WS-Resource Framework は、ステートフルリソースへのアクセスを提供するWebサービスを表現し、アクセスするための一貫した方法を提供する仕様の集合です ([http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsrf http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsrf]で標準化されています)。  * [[http://www.google.com/search?q=WSRF|WSRF]]: WS-Resource Framework は、ステートフルリソースへのアクセスを提供するWebサービスを表現し、アクセスするための一貫した方法を提供する仕様の集合です ([[http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsrf|http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsrf]]で標準化されています)。
Line 79: Line 79:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Notification WS-Notification]: WS-Notification はWebサービス技術を使ったイベントのサポートを提供する仕様の集合です ([http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsn http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsn]で標準化されています)。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Notification|WS-Notification]]: WS-Notification はWebサービス技術を使ったイベントのサポートを提供する仕様の集合です ([[http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsn|http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsn]]で標準化されています)。
Line 81: Line 81:
 * [http://www.google.com/search?q=SOAP+1.1 SOAP 1.1]: SOAP 1.1 は、非集中、分散環境における情報交換のための軽量プロトコルです。  * [[http://www.google.com/search?q=SOAP+1.1|SOAP 1.1]]: SOAP 1.1 は、非集中、分散環境における情報交換のための軽量プロトコルです。
Line 83: Line 83:
 * [http://www.google.com/search?q=SOAP+1.2 SOAP 1.2]: SOAP 1.2 は SOAP の最新バージョンで、非集中、分散環境におけるピア間で、構造化され、型のある情報を交換するのに使われる XML を基盤とした情報の定義を提供します。  * [[http://www.google.com/search?q=SOAP+1.2|SOAP 1.2]]: SOAP 1.2 は SOAP の最新バージョンで、非集中、分散環境におけるピア間で、構造化され、型のある情報を交換するのに使われる XML を基盤とした情報の定義を提供します。
Line 85: Line 85:
 * [http://www.google.com/search?q=WSDL+1.1 WSDL 1.1]: WSDL は、ドキュメント指向、あるいはプロシージャ指向の情報のいずれかを含むメッセージを操作するエンドポイントの集合として、ネットワークサービスを記述する XML フォーマットです。  * [[http://www.google.com/search?q=WSDL+1.1|WSDL 1.1]]: WSDL は、ドキュメント指向、あるいはプロシージャ指向の情報のいずれかを含むメッセージを操作するエンドポイントの集合として、ネットワークサービスを記述する XML フォーマットです。
Line 87: Line 87:
 * [http://www.google.com/search?q=WSDL+2.0 WSDL 2.0]: WSDL 2.0 (かつては 1.2 として知られていましたが) は WSDL の最新のバージョンです。  * [[http://www.google.com/search?q=WSDL+2.0|WSDL 2.0]]: WSDL 2.0 (かつては 1.2 として知られていましたが) は WSDL の最新のバージョンです。
Line 89: Line 89:
 * [http://www.google.com/search?q=UDDI+2.0 UDDI 2.0]: "Universal Description, Discovery and Integration"、つまり UDDI は、ビジネスやその他の要素[2]の情報と、その技術インターフェース (つまり API) を公開するウェブ基盤のレジストリのグループの名前です。  * [[http://www.google.com/search?q=UDDI+2.0|UDDI 2.0]]: "Universal Description, Discovery and Integration"、つまり UDDI は、ビジネスやその他の要素[2]の情報と、その技術インターフェース (つまり API) を公開するウェブ基盤のレジストリのグループの名前です。
Line 91: Line 91:
 * [http://www.google.com/search?q=UDDI+3.0 UDDI 3.0]: UDDI バージョン3.0仕様は UDDI レジストリの全てのインスタンスのWebサービス、データ構造、振る舞いを記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=UDDI+3.0|UDDI 3.0]]: UDDI バージョン3.0仕様は UDDI レジストリの全てのインスタンスのWebサービス、データ構造、振る舞いを記述しています。
Line 93: Line 93:
 * [http://www.google.com/search?q=SAML SAML]: SAML は認証と権限付与の情報を交換するための XML フレームワークです。  * [[http://www.google.com/search?q=SAML|SAML]]: SAML は認証と権限付与の情報を交換するための XML フレームワークです。
Line 95: Line 95:
 * [http://www.google.com/search?q=BPEL4WS BPEL4WS]: Webサービスに基づいたビジネスプロセスの振る舞いを定める記法を定義しています。  * [[http://www.google.com/search?q=BPEL4WS|BPEL4WS]]: Webサービスに基づいたビジネスプロセスの振る舞いを定める記法を定義しています。
Line 97: Line 97:
 * [http://www.google.com/search?q=WS-Choreography WS-Choreography]: Webサービスとその利用者間での相互作用を協調させる機構について記述しています。  * [[http://www.google.com/search?q=WS-Choreography|WS-Choreography]]: Webサービスとその利用者間での相互作用を協調させる機構について記述しています。
Line 99: Line 99:
 * [http://www.google.com/search?q=WSRP WSRP]: ポータルや、異なるソースからコンテンツやアプリケーションを集めたその他の中継ウェブアプリケーションとプラグアンドプレイする、視覚的で、利用者に面しているWebサービス中心のコンポーネントです。  * [[http://www.google.com/search?q=WSRP|WSRP]]: ポータルや、異なるソースからコンテンツやアプリケーションを集めたその他の中継ウェブアプリケーションとプラグアンドプレイする、視覚的で、利用者に面しているWebサービス中心のコンポーネントです。
Line 101: Line 101:
 * [http://www.google.com/search?q=WSXL WSXL]: 相互運用ウェブアプリケーション、つまり利用者の経験をインターネットに提供するアプリケーションのためのWebサービス中心のコンポーネントモデルです。  * [[http://www.google.com/search?q=WSXL|WSXL]]: 相互運用ウェブアプリケーション、つまり利用者の経験をインターネットに提供するアプリケーションのためのWebサービス中心のコンポーネントモデルです。
Line 103: Line 103:
ここにリストアップされていないその他のものを見つけたら、遠慮せずに Wiki を編集するか、[mailto:dims@yahoo.com 私]に知らせてください。
このページの [http://www.dehora.net/rss/wsasf-rss10.xml RSS Feed] が利用できます。[mailto:bill.dehora@propylon.com Bill_de_hÓra] に感謝します。
ここにリストアップされていないその他のものを見つけたら、遠慮せずに Wiki を編集するか、[[mailto:dims@yahoo.com|]]に知らせてください。
このページの [[http://www.dehora.net/rss/wsasf-rss10.xml|RSS Feed]] が利用できます。[[mailto:bill.dehora@propylon.com|Bill_de_hÓra]] に感謝します。

Webサービス仕様

  • WS-Acknowledgement: WS-Acknowledgement 送信者が、WS-Acknowledgement 受信者から WS-Acknowledgement リクエストメッセージを受け取ったという明示的な acknowledgement (承認) を要求することができるように、WS-Acknowledgement プロトコルは設計されています。

  • WS-ActiveProfile: WS-Federation 仕様は異なる信頼できる領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合のための統合モデルを定義します。この仕様は、SOAP アプリケーションのような活動的な要求側への連合モデルの適用方法を定義しています。

  • WS-Addressing: Webサービスやメッセージのアドレスを指定する、トランスポート中立な機構を提供します。具体的には、この仕様はWebサービスエンドポイントを識別するための、またメッセージのエンドポイント終端間を安全にするための XML 要素を定義しています。

  • WS-Attachments: SOAP 添付の抽象モデルを定義していて、このモデルに基づいて、SOAP メッセージと0個以上の添付を DIME メッセージにカプセル化する機構を定義しています。

  • WS-Authorization: 権限付与データと権限付与ポリシーの扱い方を記述しています。

  • WS-AtomicTransaction: WS-Coordination 仕様で記述されている拡張可能な協調フレームワークと共に使用される、原子的なトランザクション協調型の定義を提供します。

  • WS-BusinessActivity: 長期間の、保障に基づくトランザクションプロトコルを実装するために WS-Coordination モデルに差し込むプロトコルの特定の集合を定義します。

  • WS-CAF: Composite Application Framework (複合アプリケーションフレームワーク) - 複数の、互換性のないトランザクションの処理モデルとアーキテクチャをまたがる、長期間のビジネスプロセスの標準協調のための、オープンで多層のフレームワークです。

  • WS-Callback: SOAP リクエストに対する非同期レスポンスの返信場所を動的に特定するために使用されます。

  • WS-Coordination: 分散アプリケーションの振る舞いを協調させるプロトコルを提供する、拡張可能なフレームワークを記述しています。

  • WS-Eventing: Webサービスがイベント通知型メッセージを申し込む、あるいは申し込みを受け付けることを可能にするプロトコルについて記述しています。

  • WS-Events: プッシュモデルとプルモデルを使ったWebサービスイベントの広告、申し込み、生産、消費のための、XML 文法と処理ルールの集合を定義しています。

  • WS-Federation: 連合識別のためのサポートを含む、異種の連合環境の中での信頼関係の管理と仲介の仕方について記述しています。

  • WS-Inspection: あるサイトに利用可能なサービスがあるかの検査を支援するための XML フォーマットです。

  • WS-Manageability: 管理容易性のトピックとそれらを定義するために使われた側面によって、管理容易性モデルの一般的な概念を紹介しています。

  • WS-PassiveProfile WS-Federation で定義されている、異なる信頼領域をまたがる本人証明、認証、権限付与の連合機構が、Webブラウザのような受動的な要求側が本人証明サービスを提供するのに使うための利用方法について記述しています。このプロフィールにおける受動的な要求側は HTTP プロトコルに制限されています。

  • WS-EndpointResolution: 許可された候補の集合から、操作やメッセージのための特定のエンドポイントを選択する仕組みをサポートするWebサービス機構の集合です。これはとりわけサーバファームやモバイル環境で有用です。

  • WS-MessageData メッセージメタデータの2つの特定の型、MessageId? と RefToMessageId? を導入します。

  • WS-MetadataExchange あるサービスがWebサービスインターフェースを通じて他のサービスにメタデータを提供することが可能になります。

  • WS-Policy: 中継やエンドポイントに対するセキュリティ (と他のビジネス) ポリシーの能力と制約について記述しています (例: 必要とされるセキュリティトークン、サポートされている暗号アルゴリズム、プライバシールール)。

  • WS-PolicyAssertions: Webサービスアプリケーションのいくつかの共通のニーズを知らせるための表明の初期集合を提供します。

  • WS-PolicyAttachment: ポリシー表明を行うための抽象ポリシーモデルと XML ポリシー表現文法を定義しています。この仕様は、ポリシー表現と対象を結びつける汎用用途の機構を定義しています。

  • WS-Provisioning: 提供システムとの間の相互運用性を円滑にするため、またソフトウェアベンダが提供機関を一貫性のある方法で提供できるために必要な API とスキーマを記述しています。

  • WS-Privacy: Webサービスと要求側が、プライバシー優先と組織的なプライバシー実践声明を言明する方法についてのモデルを記述しています。

  • WS-Referral: SOAPルータのルーティングエントリーで挿入、削除、クエリーを出すための、SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。

  • WS-Reliability: SOAP メッセージを、保証された受け渡し、重複無し、保証されたメッセージ順序で交換するための SOAP に基づいたプロトコルです。

  • WS-ReliableMessaging: ソフトウェアコンポーネント、システム、ネットワークの欠陥がある分散アプリケーション間で、メッセージを確実に配信することが可能なプロトコルについて記述しています。

  • WS-Routing: 初期送信者から (もしかしたら中継がをいくつか介すかもしれませんが) 最終受信者まで、一方向の SOAP メッセージを交換するための SOAP に基づいたステートレスなプロトコルです。

  • WS-SecureConversation: 関係者間のメッセージ交換 (セキュリティコンテキスト交換やセッション鍵の構築と導出を含む) での運用方法と認証方法について記述しています。

  • WS-Security: SOAP メッセージに署名と暗号ヘッダを添付する方法について記述しています。加えて、X.509 証明書とケルベロスチケットのようなバイナリセキュリティを含むセキュリティトークンをメッセージに添付する方法についても記述しています。

  • WS-SecurityPolicy: WS-Security に基づき、WS-Security 仕様で定義されている様々な特性に関連するポリシーの記述方法を定義しています。それゆえ WS-Security 仕様の付録としてみなされています。

  • WS-Transaction: トランザクションは何から構成されているか、無事完了したことを何が決定するのかを定義しています。

  • WS-TransmissionControl: サービスの入手不能、キューの負荷、その他の原因によるメッセージの喪失を防ぐことで信頼性を改善するため、サービス間のメッセージ交換を制御するための構成概念の集合です。

  • WS-Trust: Webサービスが安全に相互運用できるための信頼モデルのフレームワークを記述しています。

  • WSMF: Web Services Management Framework (WSMF) はWebサービスを通じてWebサービス自身を含む計算リソースを運用するための論理アーキテクチャです。

  • WSDM: この TC の目的は、WebサービスアーキテクチャとWebサービス技術を使った分散リソースの運用を含む、Webサービス運用を定義することです。この TC はWebサービスのモデルを、運用可能なリソースへと発展させます。

  • WSRF: WS-Resource Framework は、ステートフルリソースへのアクセスを提供するWebサービスを表現し、アクセスするための一貫した方法を提供する仕様の集合です (http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsrfで標準化されています)。

  • WS-Notification: WS-Notification はWebサービス技術を使ったイベントのサポートを提供する仕様の集合です (http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=wsnで標準化されています)。

  • SOAP 1.1: SOAP 1.1 は、非集中、分散環境における情報交換のための軽量プロトコルです。

  • SOAP 1.2: SOAP 1.2 は SOAP の最新バージョンで、非集中、分散環境におけるピア間で、構造化され、型のある情報を交換するのに使われる XML を基盤とした情報の定義を提供します。

  • WSDL 1.1: WSDL は、ドキュメント指向、あるいはプロシージャ指向の情報のいずれかを含むメッセージを操作するエンドポイントの集合として、ネットワークサービスを記述する XML フォーマットです。

  • WSDL 2.0: WSDL 2.0 (かつては 1.2 として知られていましたが) は WSDL の最新のバージョンです。

  • UDDI 2.0: "Universal Description, Discovery and Integration"、つまり UDDI は、ビジネスやその他の要素[2]の情報と、その技術インターフェース (つまり API) を公開するウェブ基盤のレジストリのグループの名前です。

  • UDDI 3.0: UDDI バージョン3.0仕様は UDDI レジストリの全てのインスタンスのWebサービス、データ構造、振る舞いを記述しています。

  • SAML: SAML は認証と権限付与の情報を交換するための XML フレームワークです。

  • BPEL4WS: Webサービスに基づいたビジネスプロセスの振る舞いを定める記法を定義しています。

  • WS-Choreography: Webサービスとその利用者間での相互作用を協調させる機構について記述しています。

  • WSRP: ポータルや、異なるソースからコンテンツやアプリケーションを集めたその他の中継ウェブアプリケーションとプラグアンドプレイする、視覚的で、利用者に面しているWebサービス中心のコンポーネントです。

  • WSXL: 相互運用ウェブアプリケーション、つまり利用者の経験をインターネットに提供するアプリケーションのためのWebサービス中心のコンポーネントモデルです。

ここにリストアップされていないその他のものを見つけたら、遠慮せずに Wiki を編集するか、に知らせてください。 このページの RSS Feed が利用できます。Bill_de_hÓra に感謝します。

ja/axis/WebServicesSpecifications (last edited 2009-09-20 22:48:14 by localhost)